このサイトでは急なトイレのつまりが発生した時の修理業者の選び方を紹介しています。
生活しているといきなりこのようなトラブルが起きてしまうことがあり、慌ててしまうものです。
冷静にならなければならないのに、中には慌ててしまいパニックになってしまう人もいます。
もし、トラブルが起きてしまったとしても、どうすれば良いのかが事前にわかっていれば冷静に対処することができます。
今回は急なトラブルでも慌てずに、上手に比較サイトを使って業者を選ぶ方法を紹介します。

トイレのつまりが発生したら!修理業者選びで活用したい比較サイトの活用方法

トイレのつまりが発生したら!修理業者選びで活用したい比較サイトの活用方法
急なトイレのつまりが発生した場合、どんな人でも慌ててしまうものです。
そのようなトラブルが発生した時には修理業者の比較サイトを活用すると良いでしょう。
比較サイトには様々な業者が紹介されているので、簡単に選ぶ事ができます。
もし、どれを基準に選べば良いのかがわからない時には、24時間対応しているかどうかを基準にしましょう。
すぐに来てもらわなければならない状況なのに24時間対応では無い場合には頼りになりません。
まずはそこを基準にすると良いでしょう。
アフターフォローがしっかりしているかどうかも重要です。
トイレ修理したから大丈夫と油断せず、修理後に保証が付いている業者の方が安心です。
修理してもまたすぐに同じトラブルが起きる可能性が無いわけではありません。
そのような時にも保証してくれる業者の方が安心ですので、そこも気をつけましょう。

トイレつまりの修理業者は比較サイトで検討しよう

トイレつまりの修理業者は比較サイトで検討しよう トイレつまりは自分で解決できることも有りますが、異物を流してしまって取れなくなったり、原因が分からず詰まっている時には素人さんではお手上げ状態になってしまうこともあるでしょう。
そんな時に頼りになるのがトイレなどの水回りのトラブル解決業者です。
街の水道屋さんでも対応している場合も有りますが、個人で営業をしているようなところですと深夜や早朝の時間帯の場合は電話もつながりません。
同様に水栓メーカーでも修理対応はしていますが、予約が埋まっていると数日後になってしまうことも有りますので状況が良くなるまで数日かかることもあるでしょう。
トイレは生活に必要な所ですし、それが1日使えないだけでも非常に困ります。
支障が出てしまうだけではなく、水漏れに発展して二次的な被害に広がる可能性も出てきますので早急な修理をお勧めします。
どこに依頼をすればよいか迷った時には、比較サイトを利用すると便利です。
出張料金などの比較であったり、大体の目安となる料金や特徴や口コミなど、比較サイトでは様々な事が比較できますのでまずはチェックしてみて下さい。
その中でニーズに合った業者を選ぶことが出来ますし、そうする事で満足度もきっと高くなります。

トイレで起きてしまうつまりの問題は自分で直す方法もあります

トイレを使っていると、ある程度の年数が経過している場合は、つまりが起きてしまうリスクが高まります。
日頃からパイプクリーナーを使っていれば良いのですが、既にトラブルが起きている場合では自分で直すことも不可能ではありません。代表的な道具はラバーカップがあり古い時代から採用されている定番品です。このラバーカップの使い方は、トイレの便器の排水口に押し当てて密着させてから上に一気に引き上げるという行動を何度も行うことが基本です。注意すべき点はあり、引き上げる際に汚水が飛び散る可能性があるので、透明ラップでも良いので便器を覆うように被せてからラバーカップの柄の部分だけを穴を開けておく方法で飛び散る問題を解消できます。併用するとより一層効果的なものは、お湯を流す方法です。ラバーカップを使いながらもコンディションを確認し、適時にお湯を流すことを繰り返すと短時間でつまりを直すことは可能です。この方法で直せない場合では、ワイヤーブラシを使う方法がありますが、急を要する場所なのでプロに任せることも視野に入れることも必要ではないでしょうか。

トイレのつまりは便器内部の仕組みを理解しておくと安心

トイレのつまりが起きたときに修理業者に頼んで直して貰う人も多いかと思われますが、トイレの水が流れなくなったり流れにくくなる理由には、いくつかの種類が存在します。例えば、便器に流してはならない紙おむつや生理用品など水を吸収する性質を持つものを捨てて流せば直ぐに便器の水は流れなくなり溢れるような状態になります。また、トイレットペーパーも多くの量を一度に流そうとすると詰まってしまい流れなくなることもあるので注意が必要です。
便器を真上から見たとき、上側には水が溜まる部分があり、そこから急角度で手前方向に排水路が設けてあります。この排水路はとても狭くなっているのが特徴で、その先には一気に真下に落ちる構造になっています。落ちた部分にはプールのような水たまりがあるのですが、排水路や水たまりなどに異物が詰まるとトイレのつまりが起こりやすくなるわけです。便器の仕組みをしっておくと、詰まってしまったときの対処法などにも役立ちます。

家庭のトイレつまりはお湯を使えば簡単に解消できる

どこのご家庭でも、一度はトイレつまりを経験されたことがあるでしょう。日本では基本的に水洗方式となっており、水の力を利用して汚水を流します。しかし、マンションなどの集合住宅では水量が少ないため、トイレットペーパーなどがつまってしまう確率が多くなります。どのようにして解消をしたらいいのか、その鍵を握っているのがお湯です。ここで簡単にその解消法をご紹介しましょう。
用意するのは約90度ほどに温めたお湯で、鍋一杯分を便器に流し入れます。なぜ湯が良いのか、その理由は配管を膨張させられるからです。トイレの配管は真鍮製となっており、温めると体積が膨張します。逆に冷やすと体積が小さくなるのでつまりやすいというわけです。夏より冬の方がトイレが詰まりやすいのは、おの自然現象が影響をしているからになります。予防をするためにも、冬の厳しい冷え込みが続く日は1日1回は湯を流し入れると詰まりを防止することもできるわけです。

トイレを使った時につまりが起きても自然に流れる場合にやるべき行動

トイレを使っていると、つまりを起こしてしまい溢れるのではと心配に感じる場合もありますが、少しの時間を待てば自然に解消できる状態では、完全に直らなくなる前にトイレに対して徹底した洗浄を行うことは後に発生するトラブルを未然に回避することができます。
対応策は強力な排水管用の洗浄剤を購入して汚れを除去することを何度も行う方法や、ワイヤーブラシを購入して配管の内部に付着している汚れを磨く方法であれば一般の方でも作業は簡単です。洗浄剤もワイヤーブラシもホームセンターで販売されているのでネット通販も含めて購入先に困ることはありません。更に徹底したつまり予防を行う方法では高圧洗浄機を用いて配管内部を一気に洗浄する方法は効果があります。中止すべき点はあり、家庭用の高圧洗浄機では能力があまり高くはないので、トイレで使用する際には高圧洗浄を仕事にしている会社に依頼をすることが大切です、年に1回程度の利用で常に配管内部を綺麗に保てるので、使う価値は十分にあると判断できます。

時間帯に関係なくトイレつまりを解消する会社の存在

トイレつまりが発生してしまうと快適に使用することができなくなるので、大きな問題です。速やかに解決する必要があり、残念ながら早朝や深夜などの時間帯にこのようなトラブルが発生してしまう場合もあります。
そんな時に心強い存在として頼れるのが時間帯に関係なく、速やかに処置を実施してくれる会社です。全国各地にトイレつまりを解消している会社が存在していて、気軽に依頼することが可能です。24時間対応をしているところもあるので、早朝や深夜などの時間を気にする心配は全然ありません。
何時でも対応している会社の場合、朝や夜の依頼したからといっていい加減な処置を行うことは決してないです。一生懸命実施していき、現状発生しているトイレトラブルを解消してくれるので安心です。ただし早朝や深夜などの時間帯に依頼する際、割増料金に設定されているケースがあるので気になる人は依頼する時に支払う費用を正確に把握することが重要になります。

トイレつまりを自力ではなく業者に依頼することで感じるメリット

自宅内で欠かせない水回りにはトイレがありますが、大量の汚物やトイレットペーパーを流してしまうとトイレつまりが起きてしまいます。
特に古くなったトイレの場合は排水管に汚れが蓄積されていることが多く、新しい住宅よりもつまりやすい状態になることは珍しいことではありません。トイレつまりを起こしてしまった際には、自力で解決する方もいますが、古くなった住宅にお住いの方は、業者に依頼をした方が、後を考えるとメリットに感じることができます。専門業者ではつまり自体は薬剤やワイヤー、真空ポンプなどを使って簡単に直せることが多いのですが、業者に依頼をする方法ではつまりを解決した後に、依頼によって排水管の洗浄も任せることができます。業務用の洗浄剤を使う方法や、ワイヤーブラシで排水管の奥側まで磨き上げる方法、高圧洗浄機を用いて汚れを除去する方法などが行われており、完了後には新築住宅と同じコンディションへと戻すことができるメリットがあります。

トイレつまりを引き起こしてしまうさまざまな原因

トイレつまりの原因で一番多いのは、異物が配水管に詰まってしまったことによるものです。
通常はきちんと流れるトイレットペーパーであっても、大量に流してしまうと床下につながっている配水管のS字部分でつまりを起こしてしまうことがあります。また、トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを使った時にも、水に全く溶けない性質のものなので簡単につまってしまいます。
小さい子供がいる家庭では、紙おむつやおしりふきシートをはじめ、子供がトイレに持ち込んだおもちゃなどがトイレの中に落ちてしまって、そのままつまってとれなくなってしまうこともあるので注意が必要です。大人であってもポケットに入れていたスマートフォン、ペン、ハンカチ、手帳、財布などが、誤って便器の中に落ちてしまうこともあります。そのほかにも、最近ではペットが使っているトイレの砂や、毛が大量に含まれているペットの便などを流してトイレつまりにつながるケースも多いので、用を足す以外の目的でトイレを使うのは避けるようにしましょう。

トイレつまりはそのまま放置しても大丈夫なのか

大量にトイレットペーパーや便を流したりスマホや眼鏡を落とした時など、様々な原因でトイレつまりが起こります。便器から水があふれたら大ごとですが、トイレつまりはそのまま放置したらどうなるのでしょうか。
実はトイレが詰まってもしばらく時間が経つと解消されて、自然と元に戻ることもあります。それは便などの排泄物やトイレットペーパーなど、もともと便器に流せるものを沢山流したケースです。これらは時間が過ぎていくと少しずつ分解されたり溶けたりして小さくなるため、2~3時間だったり半日置くと詰まりが解消されることがあります。便器にそのまま流してOKとうたわれているお掃除シートなども、ロールペーパーに比べると流れにくいものの溶ける素材なのでひと晩置いて様子を見てもいいでしょう。一方、お掃除用のスポンジやブラシなどのほか、時計やスマートフォンなど、溶けないものや固形物を便器に落としてしまったら、自然に直ることはありません。放置すると固形物が排水管の奥に移動してさらに取りにくくなる可能性があるので、早めに水回りトラブル対応業者などに依頼しましょう。

トイレつまりが起きましたので24時間使える吸引器を買いました

筆者は現在札幌市の白石区のマンションに住んでおります。以前は北区のマンションに住んでおりました。子どもが2人おりましたが、トイレットペーパーを使いすぎて、何度か「トイレつまり」が発生しました。夜中の出来事だったので、マンションの管理会社から事前に聞いていた24時間体制の便利屋さんに修復してもらいました。その後、トイレを一式交換し、壁紙も変えました。
「トイレつまり」は安いマンションにはよく有る現象との説明が有りました。この業者さんの勧めでゴム製の吸引器を5千円で購入しました。この吸引器は今のマンションのトイレにも置いて有るので「24時間」は必ず大丈夫です。
勤務先のトイレもつまったことが有ります。その時も吸引器でトイレつまりを解消しました。トイレは生活するのに必ず必要な設備なので丁寧なメンテナンスが必要です。風水的にもトイレの掃除や修理、点検はマメに行うと運気が上がります。今後も継続して大事にして使用したいと思います。

突然のトイレつまりにはラバーカップを購入しておくと安心

家族が多いほど使う機会が多くなるのがトイレですが、突然トイレつまりが発生するとどう対処すればいいのか迷ってしまう方も多いようです。そこで焦らず対処するためにも、事前に購入しておきたいのが「ラバーカップ」です。ラバーカップは一般的な水回りにおこるつまりの修理道具であり、おもちゃなど固形物や異物がつまった場合を除き、ほぼ全てのトイレの詰まりを解消することができるメリットがあります。
トイレつまりの原因の多くは、1度にトイレットペーパーを大量に流しすぎてしまうことが挙げられます。トイレットペーパーは水に溶ける素材なので、少し時間を置くだけでもつまりが改善される場合もありますが、すぐにトイレトラブルを解消したいならラバーカップを使用すれば効率的に改善できるようになります。
使い方は止水栓を閉め、便器が水が溢れそうなら水を抜き水が少ないならラバーカップのゴム部分が浸るくらい水を入れます。汚れないように養生を行い、ラバーカップで詰まりを解消したら水が流れるかバケツから水を流して確認をして完了です。

トイレのつまりでお悩みの方はここをチェック!

トイレ つまり 浜松市